360°MovieRealTimeEngineUnityVR

Unity2017.3 Panorama 機能使い方

パノラマ360度/180度動画や2D/3D動画を制作するワークフローが改善されました。 様々なスタイルの2Dや3Dの動画をUnityに取り込み、スカイボックスで再生してスタンドアロンデバイスやモバイルやXRランタイムをターゲットに360度動画体験を作り出すことが簡単にできます。公式サイト

Unity2017.3 Panorama 機能使い方 目的:2DもしくはTop&Bottomの360°映像をUnityに入れ込んで再生するというもの。 今回は3Dで話を進める。 現時点でOculus Rift CV1でのみ動作を確認しています。

3D360°動画はInsta360Proで撮影したものを使用しました。
手持ちにない方はこちらからダウンロードしてください。
解像度の高いものと低いものを用意しました。どちらでも可能です。
動きが少ないのであまり3Dの面白さはありませんがサンプルということでお願いします。動画DL

手順1.Unity2017.3をダウンロード(DL)
そしてインストール。プロジェクトを作成し、シーンを保存。
この時点でシーンのヒエラルキーにはMain Camera/Directional Lightが存在。

手順2.360°動画をアセット内にドラッグ&ドロップ、取り込んだ動画をクリックして
動画サイズを確認

手順3.アセット内にRenderTextureを作成、[Size]を先ほどの動画のサイズに変更。
[Depth Buffer]をNo depth bufferに変更

手順4.同様にマテリアルを作成、ShaderをSkybox/Panoramicに変更
[3D Layout]をOver Underに変更。手順3で作ったRenderTextureを[Spherical(HDR)]に指定

手順5.シーン内にVideo Playerを作成[Video Clip]に動画を指定。
[Target Texture]にRender Textureを指定。
音が必要であれば空のオブジェクトなりを作成してAudioSourceをつけて
ここのプロパティー内でそれを指定してあげる。

手順6.Lightingウインドウの[Skybox Material]を手順4のマテリアルを指定
(Lightingウインドウがなければメニューバー→Window→Lighting→Settingsで開く)

これで再生が可能となる。VR対応にするにはPlayerSettingsからXR Settingsで
Virtual Reality SupportedをONにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です