お知らせ

新潟りゅーとぴあにて、日本初の公共劇場専属舞踊団Noismの「春の祭典」公演を超高精細8K、6K、4Kカメラにて収録(2020年8月27日)

投稿日:


日本を代表する世界的舞踏団Noismの実験舞踊vol.2『春の祭典』/『Frtares Ⅲ』プレビュー公演を超高精細8K、6K、4Kカメラにて収録しました。8Kカメラは株式会社ブライセン様にご協力いただきました。8K、6Kカメラは固定撮影で、4Kカメラはアップで被写体を追いますが、6K以上の高解像度になると、舞台全体の映像でも、ダンサーの表情や息遣いまではっきりと伝わってきて、生の臨場感をそのまま感ずることができました。
6K映像でも、フルハイビジョンの9倍の面積なので、撮影後、自由な画角で切り出すことができます。

Noismホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です